重力と病気|肥満症も必ず改善する|身体の異常は早めに相談

肥満症も必ず改善する|身体の異常は早めに相談

医師

重力と病気

聴診器

重力に逆らう静脈

静脈の働きのひとつとして、細胞が酸素を取り込んだ際に排出される二酸化炭素を心臓に送り込む働きがあります。足の静脈は足よりも高い位置にある心臓へ血液を送るため、常に重力に逆らっていなければなりません。静脈には弁がついており、逆流しないようにできていますが、長い時間負荷がかかると、弁も故障してしまいます。逆流すると静脈はその形を維持できず、やがて瘤をつくります。この状態を下肢静脈瘤といいます。下肢静脈瘤は立つことが多い職業の方になりやすい特徴があり、どちらかというと女性に多いです。この下肢静脈瘤を予防するには、なるべく立つ時間を短くすることが必要ですが、下肢の静脈が心臓に送る原動力は、足の筋肉であるため、適度に屈伸運動や踵を上げてふくらはぎの筋肉に緊張を与えることなどを行うことで静脈の血液をうっ滞させないことが必要です。

もし瘤ができたら

下肢静脈瘤は治療をしなくても生命にを脅かす病気ではありません。しかし、放置することで瘤は大きくなり、下肢の静脈にそって瘤が増加します。治療は瘤の数が少なければ薬剤を瘤に注射して固めてしまう治療があります。これは外来で行えるので時間的にも経済的にも負担が少ないです。ある程度瘤の数が多くなると、瘤ができている静脈ごと体外に抜いてしまう手術が必要となります。これは入院が必要となり、脊椎麻酔で腰から足までにかけて麻酔が必要です。ある程度の入院期間と費用が必要となり、根治を目指すのであればこの治療が必要ですが、手術後ある期間までは内出血のような紫色状の跡が残ります。最近では手術後の内出血跡もなく、根治できる治療としてレーザー手術が保険で認められました。日帰りでできることや体への負担も少ないことから、下肢静脈瘤治療の主流になると期待されます。